加齢臭の原因と対策!臭いのする場所はどこ?

この記事では男女問わず加齢臭に悩み始めたあなたに向けて加齢臭が発生する仕組みと対策をわかりやすくまとめました。是非参考にしてみてください。

 

加齢臭の原因・臭いを発する場所

皆さんは混雑した電車の中等で他人のニオイや自分のニオイが気になりませんか?

加齢臭とは、男女問わず中高年に特有の「脂臭くて、青臭いニオイ」のこと。

1999年に、化粧品メーカーの資生堂が加齢にともなって発生するニオイの原因物質「ノネナール」を発見し、「加齢臭」という名前を命名しました。

「ノネナール」は、年を重ねると皮脂の中にあるパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加し過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化し、分解されることで発生するとのこと。

引用元:https://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/kareishu.html

それでは一体加齢臭はどこから臭うのでしょうか?

人間の体には皮脂線が体中に張り巡らされています。特に皮脂量が多い頭皮、顔、首回り、胸、ワキ、背中などにニオイが強くなりがちです。

自分でできる加齢臭のチェックの仕方は以下を参照してください。

① 数回使った自分の枕や枕カバーのニオイを確認する
② 自分が使用したタオルを数日置いておき、ニオイを確認する
③ 一日着ていた服を2~3日置いてからニオイを確認する
④ 体臭測定器を使用して客観的に自分のニオイを確認する。

おすすめの加齢臭対策の方法

体の臭う場所がわかったら対策の方法を見てみましょう。

加齢臭を防ぐには、冒頭でお話ししたニオイの原因である「ノネナール」の発生を抑制することが必要です。

まず基本は体を清潔に保つことです。シャワーや入浴で、デオドラント成分の配合された防臭効果のあるシャンプーや石鹸で皮脂の出る場所を重点的に洗い流しましょう。

おすすめはカキタンニンやカテキン等の「ポリフェノール」成分配合の石鹸です。皮脂が酸化して「ノネナール」をつくる仕組みを阻害する働きをします。

外出先でもこまめにデオドラントシートで皮脂を拭き取りましょう。「ミョウバン」配合のシートは皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用があるのでおすすめです。

そして着用した衣服は放置せずできるだけ早く皮脂脂を落としましょう。こまめに着け置きし、弱アルカリ性の洗剤で洗いましょう。

弱アルカリ性洗剤は皮脂油を繊維から浮かして落とすことができます。

漂白剤は酸素系漂白剤を使用すると、皮脂油を分解し、除菌してくれます。

このようにデオドラント製品を利用して体や衣服を清潔に保ち付着した皮脂成分を除去することが加齢臭を遠ざける第一歩となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です